寿司のネタで人気のあるもの

昨今、築地では寿司ネタの人気が入れ替わり始めています。
築地では昔は、やはりマグロが一番人気でした。
しかし、クロマグロの絶滅問題や、マグロの価格高騰によって、今、人気の寿司ネタの座は入れ替わろうとしています。
今の一番の人気者は、サーモンです。
サーモンは、安価でありながら、上質な脂が醸し出すコクを楽しむことが出来ます。
マグロの赤身よりも、わかりやすく味の濃いコッテリ感を楽しむことができるので、トロを食べることの出来ない、お金のあまりない若い世代に人気が集中しています。

これには、回転寿司の台頭も背景にあるものと思われます。
サーモンは、バリエーションの豊かさも人気の秘訣です。
例えば軍艦にしてマヨネーズに合わせても美味しいですし、本来が焼き魚としても食べられるものですから、あぶりサーモンにしても美味しいです。
サーモンとアボカドを合わせた洋風の寿司も、昨今では日本の回転寿司に逆輸入されて人気を博しています。
マグロを食べることが簡単で無く成るかもしれない、この先の時代。
ひょっとしたらサーモンを主流に、築地の寿司店が戦略を打ち出していくのかもしれませんね。

築地寿司

新鮮な魚と米が命の寿司

築地の寿司屋では食べるときに気になるのはネタの新鮮さです。築地では新鮮なネタは寿司にはつき物で、これがなければ寿司を楽しむことはできません。しかし味を左右するもう一つ重要なものが寿司には存在します。それはシャリと呼ばれている米です。米が美味しくなければ寿司を楽しむことはできません。

シャリの味は米の質にもよりますが、好き時の寿司の握り方によっても異なります。以前に仕事で海外に出張に出かけたとき、スーパーマーケットで寿司が販売されていました。長らく日本食を食べていなかったために自分は寿司に飛びつき、これを購入してホテルで食べました。しかしかなり新鮮で質のよいネタを使っていたにもかかわらず、味はいまいちでした。

理由はシャリの握り方にあります。この寿司のシャリは思い切り力を込めて握られており、食べても口の中で程よく崩れることはありませんでした。この食感がネタの味を引き立てるどころか殺してしまっていたのです。これではせっかくのネタが台無しです。持って崩れず、口の中でほぐれるシャリが寿司にはつき物とよくいいますが、これは本当であると実感した瞬間でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ